International symposia : 国際シンポジウム
"Vocabulário da língua de Japão" (1603) : a Missionary Linguistic approach
キリシタン版「日ポ辞書」の世界 -- 宣教に伴う言語学の視点から

last update 15 Feb, 2020


February 21 (Fri), 2020 : Sophia University, Yotsuya, Tokyo:
February 23 (Sun), 2020 : Osaka Satelite campus of Sophia University, Osaka
Admission free

2020年2月21日(金) 13:00~17:00 : 上智大学四ツ谷キャンパス 2-507号室
2020年2月23日(日) 13:00~16:30 : 上智大学大阪サテライト 第2教室
入場無料

programs : プログラム詳細(update 15 feb)


Vocabulário da l'iacute;ngua de Japão (1603, Nagasaki)
(Biblioteca Nacional de Brasil)

Theme 議題


Feb.21 (Fri),2020 : 2月21日(金) 13:00~17:00

  1. Compilation of the "Vocabulário" (1603)
  2. Provenance of the Brazilian copy of the "Vocabulário"
  3. Linguistic analyses of the "Vocabulário"
  4. "Vocabulário" and other Early Japanese Christian documents
  5. Situation of the lexicography in the 16th centuries
  6. Influences of the "Vocabulário" to the succeeding European dictionaries
  1. キリシタン版「日ポ辞書」(1603)は、何故出版されたか
  2. ブラジルにキリシタン版「日ポ辞書」があるのは、何故か
  3. 「日ポ辞書」の解読の問題
  4. 「日ポ辞書」と他のキリシタン版の関係
  5. 「日ポ辞書」を生んだ環境:16世紀の辞書
  6. 「日ポ辞書」が欧州辞書に与えた影響

Feb.23 (日),2020 : 2月23日(日) 13:00 ~16:30

  1. Introduction to the Early Christian documents and their dictionaries (Japanese)
  2. Aspects of the "Vocabulário"(1603) (Japanese)
  3. Provenance of the Brazilian copy of the "Vocabulário" (English, with a Japanese summary)
  4. Situation of the contemporary lexicography (English, with a Japanese summary)
  1. キリシタンが作った日本語の辞書の色々(日本語)
  2. キリシタン版「日ポ辞書」(1603)の特色(日本語)
  3. ブラジルにキリシタン版「日ポ辞書」があるのは、何故か(英語・日本語)
  4. 「日ポ辞書」の時代の辞書(英語・日本語)

Venues 会場

Feb.21 (Fri),2020
Building 2, room 507
Sophia University, Yotsuya, Tokyo, Japan
directions
Feb.23 (Sun),2020
Room 2
Osaka Satelite Campus, Sophia University, Osaka, Japan
direction(Japanese)

2020年2月21日(金)
上智大学 2号館5階 2-507
東京都千代田区紀尾井町7-1 地図
2020年2月23日(日)
上智大学 大阪サテライトキャンパス 教室2
大阪市北区豊崎3-12-8 サクラ ファミリア 2階 direction(Japanese)

Languages 使用言語

English, with Japanese summaries. But, Portuguese, Spanish, (Latin) and Japanese may also somtimes be employed in order to discuss materials written in those languages.

2月21日(金)は、英語(日本語による要約あり)。
2月23日(日)は、日本語、及び英語(日本語による要約あり)。
どちらも、史料の引用・説明には、ポルトガル語、スペイン語、ラテン語、日本語を交える事があります。

Panel 発表者

  1. Dra. Helena Severo da Costa(Biblioteca Nacional de Brasil, ex Presidente)
  2. Dra. Maria Eduarda Magalães Marques (Biblioteca Nacional de Brasil, Directora)
  3. Dra. Eliza Atsuko Tashiro Perez (Universidade de São Paulo, Professora)
  4. Dr. Carlos Assunção(Universidade Trás-os-Montes e Alto Douro, Portugal, Professor)
  5. Dr. Kishimoto Emi (Osaka University, Japan)
  6. Prof. Shirai Jun (Hiroshima University, Japan)
  7. Dr. Nakano Haruka (Shohoku college, Japan)
  8. Ms. Kurokawa, Mari (Graduate School of Sophia University)
  9. Convenor Prof. Toyoshima, Masayuki(Sophia University)
  1. エレーナ・セベーロ・ダ・コスタ博士(ブラジル国立図書館前館長)
  2. マーリア・エドゥアルダ・マガリャンイス・マルケス博士(ブラジル国立図書館理事長)
  3. エリザ・アツコ・タシロ・ペレス博士(サン・パウロ大学教授、ブラジル)
  4. カルロス・アスンサン博士(トラーズ・ウズ・モンテス・イ・アルト・ドウロ大学、ポルトガル)
  5. 岸本恵実博士(大阪大学大学院)
  6. 白井純教授(広島大学大学院)
  7. 中野遙博士(湘北短期大学講師)
  8. 黒川茉莉 (上智大学大学院)
  9. 座長:豊島正之(上智大学教授)

Sponsored by 主催

Sophia University Special Grant for Academic Research : Priority Areas : "Typefaces of the Early Christian Documents in Japan"
上智大学学術研究特別推進費 重点領域研究「キリシタン版文字論の集大成」

Supported by : 協賛

flyer : チラシ


mtoyo@joao-roiz.jp